映画イコライザーを無料で観る方法 あらすじとキャストや感想

映画イコライザーを無料で観る方法 あらすじとキャストや感想
映画イコライザーを無料で観る方法 あらすじとキャストや感想

アメリカで大ヒットした映画「イコライザー2」が日本で公開!

これを機に第1弾を観たいという人も、少なくないと思います。ここでは「イコライザー」を無料で観る方法を詳しく紹介しています。

「イコライザー」以外にも無料で観たい人は
music.jpがおすすめ!
↓↓↓↓↓↓↓
music.jp30日間無料お試し

映画イコライザーを無料で観る方法

映画「イコライザー」は2014年10月に日本で公開されました。

現在、多くの動画配信サービスで全編がフルに配信されているタイトルです。

イコライザー [ デンゼル・ワシントン ]

そのうち以下の7つのサービスでは、新規会員登録をすると「イコライザー」を無料視聴することができます。有料配信のサービスでも、新規登録でもらえるポイントを使うと無料になります。

dTV(ドコモ回線以外でも加入OK)

dTVの「31日間無料おためし」を試してみる

  • 見放題の定額動画配信サービスを、31日間無料おためしできます。
  • サービス:月額500円(税抜き)で、オリジナル作品を含む約12万本の映画・ドラマ・アニメ・音楽が見放題です。
  • 決済方法:クレジットカード、ドコモケータイ払い、SPモード決済が選べます。
dTVの「31日間無料おためし」を試してみる
「イコライザー」は見放題配信されています。
本作品の配信情報は2018年10月4日時点のものです。配信が終了している、または見放題が終了している可能性がございますので、現在の配信状況についてはdTVのホームページもしくはアプリをご確認ください。

hulu

huluの「2週間無料トライアル」を試してみる

  • 人気映画やテレビ番組が、今すぐ見放題で2週間無料!
  • サービス:月額933円(税抜き)で人気映画やドラマ50,000本が見放題です。今放送中の人気ドラマやバラエティ番組の見逃し配信、huluだけでしか見られない人気ドラマのスピンオフ作品、huluオリジナルのドラマ、アニメ、バラエティが視聴できます。
  • 決済方法:クレジットカード、ドコモケータイ払い、auかんたん決済、ソフトバンクまとめて支払い、Huluチケット、iTunes Store決済、PayPalで支払いができます。
huluの「2週間無料トライアル」を試してみる
「イコライザー」は見放題配信されています。

music.jp

music.jpの「30日間無料お試し」を試してみる

  • 30日間無料お試しを申し込むと、962円分の通常ポイントと1,500円分の動画ポイントがプレゼントされます。
  • サービス:月額1,922円(税込み)で、18万本の動画の他に音楽、漫画、書籍の作品を楽しめる通常ポイント1,922Pと動画ポイント3,000P(月内有効)が毎月つきます。音楽・スポーツ・キッズ作品の専門チャンネルも見放題になります。
  • 決済方法:クレジットカード、ドコモケータイ払い、auかんたん決済、ソフトバンクまとめて支払いが選べます。
music.jpの「30日間無料お試し」を試してみる
「イコライザー」は108Pで観られます。

ビデオマーケット

ビデオマーケットの「初月無料キャンペーン」を試してみる

  • 初月¥0で2つのコースから選べます。※ お申込みの月内のみ無料。1か月ではないことにご注意下さい。
  • サービス:月額500円(税抜き)のプレミアムコースと月額980円(税抜き)のプレミアム&見放題コース。どちらも毎月540円分のレンタル作品を観られる540Pがつきます。
  • 決済方法:クレジットカード、ドコモケータイ払い、SPモード決済、auかんたん決済、ソフトバンクまとめて支払い、ワイモバイルまとめて支払いがあります。
ビデオマーケットの「初月無料キャンペーン」を試してみる
「イコライザー」は108Pで観られます。

auビデオパス(au回線以外でも加入OK)

auビデオパスの「30日間無料おためし」を試してみる

  • 見放題プランへの加入で、30日間無料でお試しができます。お試し期間終了の翌日からその月は日割りで課金され、翌月から月額料金となります。
  • サービス:月額562円(税抜き)で、話題の映画・アニメ・ドラマが1万本見放題。毎月新作レンタル作品を1本観られる540円分のビデオコイン(60日間有効)がプレゼントされます。
  • 会員特典:映画鑑賞料金が全国のTOHO CINEMASで月曜日に1,100円、全国のUNITED CINEMAS CINEPLEXで1,400円に割引されます。
  • 決済方法:auかんたん決済(auID利用時)またはかんたん決済(Wow!ID利用時)です。auかんたん決済はauの電話料金と同じ明細で支払いです。かんたん決済はクレジットカード払いです。
auビデオパスの「30日間無料おためし」を試してみる
「イコライザー」は216ビデオコインで観られます。

U-NEXT

U-NEXTの「31日間無料トライアル」を試してみる

  • 31日間無料トライアルで見放題作品が見放題、都度課金作品を観られるポイントが600Pプレゼントされます。
  • サービス:月額1,990円(税抜き)で映像80,000本が見放題、雑誌70誌以上が読み放題。都度課金作品に使えるポイントが1200Pプレゼントされます。
  • 決済方法:クレジットカード、ドコモケータイ払い、auかんたん決済、ソフトバンクまとめて支払い、楽天ペイがあります。Amazon Fire TV / Fire TV Stickで観る人はAmazon Payでも支払えます。
U-NEXTの「31日間無料トライアル」を試してみる
「イコライザー」は432Pで観られます。本ページの情報は2018年10月時点のものです。最新の配信状況は U-NEXTサイトにてご確認ください。

TSUTAYA TV

TSUTAYA TVの「動画見放題プラン30日間無料お試し」を試してみる

  • 動画見放題プランが30日間無料。1,080円分の動画ポイントもプレゼント!
  • サービス:月額933円(税抜き)で、新作・準新作を除く対象作品約8,000タイトルが見放題です。1,080円分の有料作品が視聴できる45日間有効の動画ポイントがプレゼントされます。
  • 決済方法:クレジットカード
TSUTAYA TVの「動画見放題プラン30日間無料お試し」を試してみる
「イコライザー」は432P(標準画質)または540P(高画質)で観られます。

動画配信サービスの比較

「イコライザー」を無料視聴するだけなら、どの動画配信サービスを選んでも大きな違いはありません。

でも、この機会に最新のリリース作品もいっぱい観たい人は、ポイントがたくさんついて有料作品が安く視聴できるmusic.jpがおすすめです。

よく映画館に通っている人は、auビデオパスに登録すると、全国のTOHO CINEMAS、UNITED CINEMAS CINEPLEXで割引サービスが受けられます。

最近のリリース作品を動画配信サービスで観なくていい人は、dTVやhuluに人気作品の独自コンテンツが多く用意されているので、興味があればどうぞ。

TSUTAYA TVの会員になると、最新作DVDも借りられる宅配レンタルの会費が割引になります。TSUTAYAのレンタルをよく利用するなら、いいんじゃないでしょうか。

各サービスにはそれぞれの特徴があります。ご自分にあったサービスを選んでくださいね!

映画イコライザーのあらすじとかキャストとか

ボストンにあるホームセンターで働くロバート・マッコールは、誰からも慕われる好人物で平穏な日々を送っていますが、CIAの敏腕エージェントだった過去を隠しています。ロバートがスパイを辞めたのは、妻の死がきっかけだったようです。

ある日ロバートは、行きつけのダイナーで友人になった娼婦テリーが、激しい暴力を受けてICU送りになったことを知ります。テリーは客を殴ってトラブルを起こしたため、見せしめとして売春の元締めでロシアン・マフィアの幹部でもあるスラヴィから暴行を受けたのでした。

ロバートは9,800ドルでテリーを身請けしようと、単身でスラヴィの事務所に乗り込みますが、スラヴィは聞く耳を持たず、ロバートとテリーを屈辱して追い返そうとします。

するとロバートは、話し合いに応じないスラヴィとその部下4人をわずか30秒ほどの間に殺害して、事務所をあとにします。

ロシア新興財閥の総帥で、実はスラヴィの雇い主でもあるプーシキンは、組織の要を失って支障が出始めた闇の仕事を建て直すために、KGBの凄腕スパイだった解決屋テディ・レンセンをボストンに送り込みます。

スラヴィとその部下の殺害事件を調査するテディは、やがてロバートの存在に気がつき接触してきますが、ロバートの仕業であると確証をつかむことはできません。

一方、ロバートは元の上司の助力でテディの正体と黒幕プーシキンとの関係を突き止めると、テディに先手を打って、プーシキンの闇ビジネスを壊滅させるために動きはじめます。

ロバート・マッコールをデンゼル・ワシントン、ヴィラン(悪役)のテディ・レンセンをマートン・ソーカスが演じています。ロバートが「イコライザー」となるキッカケをつくった娼婦テリーには、撮影当時17歳のクロエ・グレース・モレッツが起用されました。

映画イコライザーの感想

映画はマーク・トゥエインの次の言葉ではじまります。

「人生で最も重要な日を2つあげるなら、生まれた日と、なぜ生まれたのかを知った日だ。」

The two most important days in your life are the day you were born and the day you find why. -Mark Twain-

本作品は、1984年から5年間放送された人気のテレビドラマ「ザ・シークレット・ハンター」の劇場版として作製されました。

EQUALIZERを英和辞典で調べると、意味は「平衡装置」、「同点打・同点ゴール」などとなっています。俗語として「銃」という意味でも使われます。

映画のタイトル「THE EQUALIZER」は後者の「銃」という意味で使われているのでしょう。アメリカならではのタイトル、という感じがします。

この作品では、デンゼル・ワシントン演じるロバート・マッコールが、「銃」として生きることを決断するまで、を描いています。

話は単純で、訳ありで引退したらしい元CIA敏腕エージェントが単身で、弱者のために悪をぶっ潰す勧善懲悪活劇です。主人公が個人の感情と組織原理のハザマで苦悩するとか、人に話せない深刻な問題を抱え込んでいるとか、物語に深みをもたらす設定があるわけではなく、ただただヒーローが悪者を叩き潰すお話は「水戸黄門」のような明快さです。

ヒーローが単身で組織相手に奮闘する構図は、ミッション・インポッシブルのイーサン・ホークやダイ・ハードのジョン・マクレーンとも通じます。ロバート・マッコールがイーサン・ホークやジョン・マクレーンと異なるのは、自らの選択でロバートが闘いに身を投じていることです。

自分の意思で闘っているので、文句を言わないし愚痴もこぼしません。ロバートはあくまで善良で、ストイックに正義を貫きます。ハリウッドらしいジョークは皆無です。

で、そういう枝葉がなく、シンプルに悪を成敗するだけのストーリーなのですが、この映画はおもしろいのです。

その魅力の一端は、悪の攻め方のアイデアにあります。脚本がいいんでしょうね。単身で組織に仕掛けるわけですから、単に戦闘能力が高いというだけでは、大勢の敵を相手に勝ち続けることに説得力がありません。

そこを頭を使って、その手があるのか!という意外な方法で急所を突くので、納得感が出てきます。デンゼル・ワシントンの演技と存在感も、説得力を増すのに一役買っていると思います。

アクションも質実剛健です。派手さはありませんが、リアリティがあります。

たとえば人を殴ると拳を痛めるわけですが、そこをキチンと撮っているのです。その分、暴力シーンは生々しく、特に最初のロシアン・マフィアとの戦闘場面は、食事時には見ないほうがいいと思います。

ミッション・インポッシブルもダイ・ハードも、シリーズを重ねるにしたがってアクションがどんどん派手になり、ヒーローが人以外の何かでないとできそうもないことを、平然とやってしまうようになりました。

そういう意味では、「イコライザー」はハリウッドらしくないアクション映画でした。

続編の「イコライザー2」はどうなるんでしょう。ハリウッドに限りませんが、シリーズ化するとアクションシーンは派手になり、演出がどんどんインフレ化します。

生身の肉体で、演出のインフレに対応してしまうトム・クルーズは、たぶん人以外の何かなんだと思うのですが、あまり派手になるとリアリティがなさすぎて、僕の場合は興醒めしてしまいます。

「イコライザー」シリーズは、抑えめの渋い路線を貫いてほしいなぁ、と思います。

まとめ

続編の「イコライザー2」はアメリカで大ヒットしています。キャッチコピーは「19秒で悪を裁く」。シンプルですね!

今度はCIAとも闘うことになるようなので、舞台の設定自体は前作よりも複雑になっているようです。

「イコライザー」では、ロバートがなぜ時間をはかるのかは明らかになっていなかったと思います。続編では、その辺は明らかにされるのでしょうか。

前作ではまったく触れられなかった、ロバートの心に影を落としているようにみえる妻を亡くした経緯は、物語に絡んでくるのでしょうか。

いろいろ楽しみです。

この記事はお役にたてましたか?

あなたのお役にたてたとしたら、
以下のソーシャルボタンで共有していただくと嬉しいです(*^^*)